PICマイコンを用いた能動騒音制御系の製作

実験装置の作り方

回路図等の説明

作業ディレクトリ

PIC でアクティブ消音制御というとほとんど絶望的に聞こえますが,できます. ミドルクラスの PIC としてメジャーな PIC16F877 を用いて,アクティブ消音制御を行いました. サンプリング周期 0.75msec で,24 次のコントローラを実装しました. ただし,実装するためには,工夫が必要です. ここではコントローラの演算量低減のため,コントローラの係数を有効桁 10 の 2 進数で表現し,浮動小数演算のかわりに整数演算を行っています.

PC(RT-Linux 3.2)による制御結果

PIC(PIC16F877)による制御結果.ただし,騒音の信号は PC から発生させる

PIC単独で動作.騒音もPICで生成する.騒音スイッチを手動でon/off

材料の説明

作業手順

オープンハウス


  • オープンハウスを追加 -- kobayasi (2010-06-29 (火) 17:05:44)
  • 実験装置の作り方を追加 -- Satoh (2010-06-25 (金) 22:05:41)
  • ページレイアウトを更新 -- Satoh (2010-06-25 (金) 22:04:07)

添付ファイル: filefig2.bmp 295件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-06-29 (火) 17:09:16 (2644d)