小林研究室ホームページ

使用例usage:

  1. foo.datという名前で時間応答波形を保存しておく.一列目に時間,二列目にデータが記録されているとする.Suppose time response is stored in a file named foo.dat where 1st and 2nd columns are time sequence and time response to be analyzed, respectively.
  2. 波形を読み込む To read sample data
    >> load result.dat
  3. 周波数解析を実行する To execute FFT analysis
    >> h = 0.0005.
    >> [dc,amp,phase,f,n] = realfft(result(:,2),h);
    where h:サンプリング周期 sampling period[sec], dc:直流成分(平均値) DC component, amp:振幅 amplitude, phase:位相 phase [deg], f:周波数 frequency [Hz], n:データ点数 number of data points.
  4. 結果を表示する To plot the result
    >> w = 2*pi*f;
    >> Pzz_g = frd(amp, w);
    >> bodemag(Pzz_g, 'b');
  • 補足:周波数軸をrad/sec→Hz,縦軸をdB→絶対値に変更する場合 To change frequency unit,
    >> ctrlpref

使用例2 example of execution:


添付ファイル: filefft_sample.m 848件 [詳細] fileresult.dat 950件 [詳細] filerealfft.m 805件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-12-28 (月) 10:32:49 (2888d)